健康インフォメーション

小倉 智昭 病気

チェルノブイリ原子力発電所事故に関する数十年に及ぶ追跡調査の結果では、大人よりも体の小さい子供のほうが放出された放射能の害を受けやすくなっていることが読み取れます。
高齢の方や慢性的な病のある方などは、殊更肺炎に罹りやすく治るのが遅いというデータがあるので、予防策の実施や早めの受診が大切です。
5-HT神経は、自律神経の調節や痛みを鎮静化させ、様々な覚醒などを司っており、単極性気分障害の患者さんではその働きが落ちていることが判明しているのだ。
前立腺はその生育や活動にアンドロゲン、即ち雄性ホルモンが密接に関係しており、前立腺に出現してしまった癌も同じように、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの機能によって成長してしまいます。
内臓脂肪過多による肥満と診断されて、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2項目以上に合致するような様子を、内臓脂肪症候群と名付けました。


お薬やアルコール、合成乳化剤を始めとした食品添加物等の成分を特殊な酵素によって分解し、無毒化する作用の事を解毒と呼んでおり、肝臓の代表的な働きのひとつなのです。
内臓脂肪が多いことによる肥満が確認され、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖(こうけっとう)の中で2項目以上一致するような様子を、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と呼んでいます。
トコトリエノールの機能の中では酸化を遅らせる作用が殊更有名ではありますが、更に肌をきれいにする効果や、血清コレステロールの生成を抑えるというようなことが言われています。
毎日のようにゴロンと横向きになってTVを視聴していたり、ほっぺたに頬杖をついたり、かかとの高い靴を毎日のように履くというようなことは体の均衡が悪くなる原因となります。
規則正しい穏やかな生活の保持、腹八分目の実行、続けられる運動等、古臭いともいえる体に対する配慮が肌のアンチエイジングにも活用されるということです。


老化が原因の耳の聞こえ辛さは毎日少しずつ聴力が落ちますが、普通60歳を超えないと聞こえの悪化をあまり自認できないのです。
拡張期血圧90以上の高血圧になってしまうと、全身の血管に大きなダメージがかかった結果、体中のあちこちの血管に障害が生じて、合併症になる度合いが拡大するのです。
鍼灸のハリを刺してもらう、というフィジカルな何か所もの刺激は、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスという名称の要は電気信号伝達をもたらすという見解が広まっています。
チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に両手両足がマヒしたり脚の著しい浮腫などがよく起こり、進行すると、最悪の事態では呼吸困難に至る心不全を併発する可能性があるのです。
強い痛みを伴うヘルニアというのは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の隙間にある緩衝材のような役割を果たしている椎間板(ついかんばん)という名前の円形の線維軟骨がはみ出してしまった症例の事を指しています。


この記事を書いた人:村山 信成
薬剤師をやっていた村山です。健康や運動などの情報が好きで、時間を忘れて調べ物をしたりしています。サプリメントはDHCよりネイチャーメイド派。最近、カフェにハマっていて、いろんなカフェに行っては窓辺でMacを優雅に開いてます。

PickUp記事

  • 2020/07/15 風邪なかなか治らない

    老人や病を持っている方は、際立って肺炎に罹りやすくなかなか治らない...

  • 2020/07/02 風邪 喉 痛い

    ビタミン欠乏症である脚気の症状は、主に四肢がしびれるような感覚があったり...

  • 2020/06/22 肝臓 病気 女性

    暗い場所だと光量が不足してものが見辛くなりますが、より一層瞳孔が開く...

  • 2020/06/17 怖い病気

    最大の臓器である肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く付着した脂肪肝...

  • 2020/06/05 ストレス 発熱

    四六時中横向きのままでTVを視聴していたり、片手で頬杖をついたり、踵の高い靴...

  • 2020/06/06 耳鼻科 風邪

    亜鉛は、遺伝情報(DNA)やタンパク質を合成させるために欠かせない特殊な酵素...

  • 2020/05/19 むくみ 病気

    体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、体内における脂肪の...

  • 2020/05/12 突然 吐き気

    ヒトの耳の構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳...

  • 2020/04/27 風邪 倦怠感

    ダイエットに勤しむあまりカロリーを抑制する、食べる量を落とす、こうした暮らしを...

  • 2020/04/10 犬の風邪

    過飲過食、体重過量、喫煙、運動不足、遺伝、精神的なストレス、老化というような様々な誘因が融合すると...

  • 2020/03/21 内出血 病気

    収縮期血圧140以上の高血圧になると、体中の血管に重い負荷がかかった結果、頭頂からつま先に...

記事一覧

TOP