健康インフォメーション

鼻血 止まらない 病気

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは目が覚めている覚醒状態で生命活動を保つ(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎臓の様々な機能、体温や筋肉の緊張の維持等)のに外せない理論上のエネルギー消費量のことなのです。
昨今、比較的若い世代で感染症のひとつである結核に対抗できる力の弱い人々が多くなったことや、早合点のせいで受診が遅れることによる集団・院内感染が多くなっているようです。
肥満の状態というのは当然食事内容や運動不足などが原因ですが、ボリュームの変わらないごはんだったとしても、せっかちに食べ終わる早食いをし続けたならば肥満(obesity)の状態を招きやすくなります。
UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いという性質があるためオゾン層を通る際に一部が吸収されるものの、地表に達したUV-B波は皮膚の表皮の中で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を壊したりして、皮膚にとって悪い影響を与えています。
高齢化による耳の聞こえにくさはなだらかに聴力が低下していくものの、一般的に60歳過ぎまでは聴力の老化をはっきり自認できないのです。


アミノ酸のひとつであるグルタチオン(Glutathione-SH)には、細胞の機能を悪くしたり突然変異をもたらすような人体に悪影響を及ぼす有害物質を身体の内部で解毒し、肝臓の機能性を促すような特性が認識されています。
高熱が特徴のインフルエンザに適応した予防術や治療方針を含めたベーシックな措置は、それが季節性のインフルエンザでも新型のインフルエンザであっても一緒です。
痩せたいがためにカロリー摂取を控える、食事を抜く、こういった暮らしを続けるとひいては必要な栄養までもを不足させ、慢性の冷え性を招くことは、頻繁に言われていることです。
花粉症の緒症状(鼻水、酷い鼻づまり、クシャミ等)のために夜間しっかり睡眠を取れないと、そのせいで睡眠不足の状態に陥り、翌朝起床してからの活動に芳しくない影響を及ぼすことも考えられます。
流感、即ちインフルエンザに適応する予防法や医師による処置を含めた原則施される対処策というものは、それが季節性インフルエンザでも新型のインフルエンザであってもほぼ変わりません。


日々繰り返される規則正しい暮らしの継続、暴飲暴食しないこと、適度な軽い運動や体操等、一見古典的ともいえる身体に対する留意が皮ふのアンチエイジングにも役立つといえます。
汗疱(かんぽう)とは主に手の平や足の裏指の隙間などにプツプツとしたちっちゃな水疱が出る病気で、一般にはあせもと呼ばれており、足の裏に出来ると水虫と間違われるケースもままあります。
内臓が脂肪過多になっている肥満と診断された上で、脂質(ししつ、lipid)、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2つ以上に合致するような事例を、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と名付けています。
日光を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが体内に吸収されるのを助けるという機能が特に有名で、血液の中のカルシウム濃度を微調整し、筋繊維の働きを操ったり、骨を作ったりします。
肝臓を健やかな状態に保つには、肝臓の解毒作用が下がらないようにする、別言すると、肝臓の老化対策をできるだけ早く実行することが効果的だと言われています。


この記事を書いた人:村山 信成
薬剤師をやっていた村山です。健康や運動などの情報が好きで、時間を忘れて調べ物をしたりしています。サプリメントはDHCよりネイチャーメイド派。最近、カフェにハマっていて、いろんなカフェに行っては窓辺でMacを優雅に開いてます。

PickUp記事

  • 2020/07/15 風邪なかなか治らない

    老人や病を持っている方は、際立って肺炎に罹りやすくなかなか治らない...

  • 2020/07/02 風邪 喉 痛い

    ビタミン欠乏症である脚気の症状は、主に四肢がしびれるような感覚があったり...

  • 2020/06/22 肝臓 病気 女性

    暗い場所だと光量が不足してものが見辛くなりますが、より一層瞳孔が開く...

  • 2020/06/17 怖い病気

    最大の臓器である肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く付着した脂肪肝...

  • 2020/06/05 ストレス 発熱

    四六時中横向きのままでTVを視聴していたり、片手で頬杖をついたり、踵の高い靴...

  • 2020/06/06 耳鼻科 風邪

    亜鉛は、遺伝情報(DNA)やタンパク質を合成させるために欠かせない特殊な酵素...

  • 2020/05/19 むくみ 病気

    体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、体内における脂肪の...

  • 2020/05/12 突然 吐き気

    ヒトの耳の構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳...

  • 2020/04/27 風邪 倦怠感

    ダイエットに勤しむあまりカロリーを抑制する、食べる量を落とす、こうした暮らしを...

  • 2020/04/10 犬の風邪

    過飲過食、体重過量、喫煙、運動不足、遺伝、精神的なストレス、老化というような様々な誘因が融合すると...

  • 2020/03/21 内出血 病気

    収縮期血圧140以上の高血圧になると、体中の血管に重い負荷がかかった結果、頭頂からつま先に...

記事一覧

TOP