就職活動の写真を綺麗に撮るテクニック!

就活時の写真はどう撮ればいい?

これから就職活動をする
新卒学生の方々も
多いかと思います。

 

その際に履歴書
エントリーシート(esシート)で使うのが、
就活生の写真です。

 

さて、就職活動で使う
写真を撮る際には、
いくつかの方法があります。

 

証明写真を撮る際
基本2つの方法があります。

 

1、自動のスピード撮影機を使う。
2、写真館などのスタジオで写真を撮ってもらう。

 

この2つの方法があります。
おすすめは2番目の写真館ですが、
これも撮る際のルール基本を押さえておかなければ、
逆効果になり得るものです。

 

ですが、写真の重要性は捨てきれません。
履歴書では唯一の画像情報ですので、
おのずと写真が目立ちます

 

そして人は中身が勝負と言われる方も
いらっしゃいますが、
【第一印象】はいつの時代でも、
変わらず重要です。

 

日本の証明写真は、
人物識別用という側面が大きいので、
一般的な就活写真も真っ正面からの
ストレートの写真が基準となります。

 

それ故に、写真の出来によって、
良い点も悪い点もよりはっきりと写るので、
写真の出来は重要です。

 

写真だけでも、良く言えば、
さわやか、理知的、センスがいい、健康的、清潔的に見えると
思われてもしまいますが、
逆に性格がきつそう、不健康、目つきが悪い、不真面目そう、
と写真だけでも悪い印象を与えることもあります。

 

もちろん人は外見だけではないのですが、
履歴書やエントリーシートのようなものは、
内面をなかなか見れないので、外見の方が
重要視されるのは仕方がありません。

 

そこで次項に関しては、
就活時の写真の撮り方とルール
語っていこうと思います。

SPONSORED LINK

関連ページ

履歴書に貼る写真のサイズは?
履歴書や エントリーシート(esシート)で使うのが、 就活生の写真です。 これは大卒・新卒での就職活動でも、 中途で転職活動をしている方でも 同じなのですが、 履歴書で使う写真はサイズが決まっています。 日本国内の履歴書は JISの規格で決まっており、
就職写真を撮る時期、タイミングはいつ頃がいい?
就活時に使う写真を 撮る時期・タイミングは いつ頃が良いのでしょうか? その季節や試験が終わったあと、 リクルートスーツを買ったら、 というようなイベントの後で 写真を撮るわけではありません。 就活時に使う写真撮る際には、 ルールが存在します。
SPONSORED LINK