就職活動の写真を綺麗に撮るテクニック!

就職写真を撮る時期、タイミングはいつ頃がいい?

これから就職活動をする
新卒学生の方々も
多いかと思います。

 

その際に履歴書
エントリーシート(esシート)で使うのが、
就活生の写真です。

 

就活時に使う写真
撮る時期タイミング
いつ頃が良いのでしょうか?

 

その季節試験が終わったあと、
リクルートスーツを買ったら、
というようなイベントの後
写真を撮るわけではありません。

 

就活時に使う写真撮る際には、
ルールが存在します。

 

そのうちの1つのルールは、
【3ヶ月以内に撮った写真を
履歴書に貼ること】
です。

 

つまり就職・転職活動をする
直前から3ヶ月前くらいの間で、
撮った証明写真が必要なのです。

 

これはどうしてかと言えば、
人は数か月単位でも、
見た目の印象が異なるからです。

 

髪型・髪色が違ったり、日焼け度合い
違ったりする写真はよくはありません

 

相手の面接官も、初対面で見て
「あなた、この写真と違う人ではないですか。」
と書類との印象の違いがあると
大きなマイナスとなります。

 

故に証明写真を撮る際は、
メガネをかけている人は、
メガネをかけたまま写すべきですし、

 

なるべく髪型髪の色も、
証明写真と同じような形で、
面接に受けに行った方
良いとされています。

 

あとは写真の再利用はしないようにしましょう。
再利用していると、昔の古い写真
そのまま添付してしまうおそれがありますし、
受取る相手からしたら、傷やよごれなどで、
使い回しはすぐに分かります。

 

そうなるとマイナス印象になりますので、
十分に気を付けましょう。

 

では次項に関しましては、
実際にスピード写真機で撮るのか?
写真館などのスタジオで撮るべきなのか?
を見ていこうと思います。

SPONSORED LINK

関連ページ

就活時の写真はどう撮ればいい?
就職活動で使う 写真を撮る際には、 いくつかの方法があります。 証明写真を撮る際は 基本2つの方法があります。 1、自動のスピード撮影機を使う。 2、写真館などのスタジオで写真を撮ってもらう。 この2つの方法があります。 おすすめは2番目の写真館ですが、 これも撮る際のルールや基本を押さえておかなければ、
履歴書に貼る写真のサイズは?
履歴書や エントリーシート(esシート)で使うのが、 就活生の写真です。 これは大卒・新卒での就職活動でも、 中途で転職活動をしている方でも 同じなのですが、 履歴書で使う写真はサイズが決まっています。 日本国内の履歴書は JISの規格で決まっており、
SPONSORED LINK