就職活動の写真を綺麗に撮るテクニック!

これから就職活動をする
新卒学生の方々も
多いかと思います。

 

その際に履歴書
エントリーシート(esシート)で使うのが、
就活生の写真です。

 

証明写真として、
スピード写真機ではなく、
スタジオや写真館で
撮影される方も多いかと思います。

 

写真館で撮影する場合、
女性の場合は、着ていく服装は、
白色のスカートを履いていかれる方も
いらっしゃると思いますが、
持っておくと何かと便利なのが、
A3くらいの白紙です。

 

これをレフ板代わりに使います。

 

スピード写真の時は、
あまり大きなものだと、
身動きがとれませんし、
足元からのフラッシュ
さえぎってしまいますので、
白いハンカチタオルを使うと良いのですが、

 

スタジオ撮影だと、
そういったことも気にしなくて
問題ありません。

 

撮影する際は、腰よりやや高めに持つと
非常に効果的です。

 

もちろんレフ板をしっかりと
持っているスタジオだと必要はありませんが、
何かと持っておくと便利かと思います。

 

また写真のバックの色も結構重要です。
バックの色によって、顔の印象も変わります。
灰色、水色などが定番ですが、
現代では灰色を使う方が増えています。

 

カラーの効果として、
水色の写真は元気ではつらつとしたイメージを与えます。
一方、灰色はしっかりしたイメージを与えます。

 

ですので、営業サービス業といった
人とかかわる仕事をしていたら水色にして、
事務員内職関連の仕事が多い方なら、
灰色にするというのもありです。

 

それから背景を選ぶ際は、
履歴書はコピーして使われることが多いので、
濃い目の背景だとキレイに映らない場合があります。

 

故に薄めの色
なるべくなら薄めの明るい色を選ぶのが、
良いとされています。

 

そうすることで白黒コピーをしても、
顔写真がつぶれなくて済みます。

 

スピード写真機では、
このような大掛かりなことは出来ませんが、
スタジオ・写真館での撮影なら、
多少、大がかりの撮影は可能ですので、
是非、利用してみましょう。

SPONSORED LINK

関連ページ

スタジオ・写真館で印象良く撮影してもらおう(表情編)
証明写真として、 スピード写真機ではなく、 スタジオや写真館で 撮影される方も多いかと思います。 その際に重要になってくるのが、 写真を撮る際の表情です。 良くやりがちな失敗として、 無表情の真顔で写真を 撮ってしまう例です。 証明写真だからと言って、 真顔である必要はありません。 無表情だと、どうしても暗い印象に なりがちなので気を付けるべきです。
スタジオ・写真館で印象良く撮影してもらおう(選定編)
証明写真として、 スピード写真機ではなく、 スタジオや写真館で 撮影される方も多いかと思います。 その際に写真館・スタジオを 選ぼうと情報を集める方も 多いかと思いますが、 まず写真館・スタジオを選び方として、 自宅・学校から近くの写真館・スタジオを 選ぶことが大切です。 理由としては、 写真を焼き増しする際に、
SPONSORED LINK