スタジオ・写真館で印象良く撮影してもらおう(表情編)

スタジオ・写真館で印象良く撮影してもらおう(表情編)

これから就職活動をする
新卒学生の方々も
多いかと思います。

 

その際に履歴書
エントリーシート(esシート)で使うのが、
就活生の写真です。

 

証明写真として、
スピード写真機ではなく、
スタジオ写真館
撮影される方も多いかと思います。

 

その際に重要になってくるのが、
写真を撮る際の表情です。

 

良くやりがちな失敗として、
無表情の真顔で写真を
撮ってしまう例です。

 

証明写真だからと言って、
真顔である必要はありません。
無表情だと、どうしても暗い印象
なりがちなので気を付けるべきです。

 

では、どのような写され方
良いのでしょうか?

 

例えばですが、
女性の場合は少し口角を上げて
微笑むくらいが、印象的です。

 

証明写真は基本は、
歯を見せるような笑い方はしませんが、
微笑む程度でしたら問題ありません。

 

男性の場合は、職種にもよりますが、
無表情ではなく、少し微笑んだ形か、
口角に力を入れて、
キリッとした真面目な表情
するのが好印象です。

 

また目に関しても、
気を付けた方が良いものです。

 

目を少しだけ見開き気味にすると、
人はより印象が強く残る傾向があります。
眼力を意識していつもより
グッと開いてみると良いと思います。

 

やり過ぎには注意した方が良いのですが、
それでも意識すると、
また別の印象を相手に与えられるものです。

 

姿勢に関しては証明写真では、
顔と首元までしか見えませんが、
背中をしっかりと伸ばすと、
表情がキリッと締まり、
印象が良くなります。

 

表情や姿勢は大切なものです。
では次項につきましては、
スタジオ・写真館選びのコツ
書かせて頂きます。

SPONSORED LINK

関連ページ

スタジオ・写真館で印象良く撮影してもらおう(選定編)
証明写真として、 スピード写真機ではなく、 スタジオや写真館で 撮影される方も多いかと思います。 その際に写真館・スタジオを 選ぼうと情報を集める方も 多いかと思いますが、 まず写真館・スタジオを選び方として、 自宅・学校から近くの写真館・スタジオを 選ぶことが大切です。 理由としては、 写真を焼き増しする際に、
スタジオ・写真館で印象良く撮影してもらおう(撮影編)
証明写真として、 スピード写真機ではなく、 スタジオや写真館で 撮影される方も多いかと思います。 写真館で撮影する場合、 女性の場合は、着ていく服装は、 白色のスカートを履いていかれる方も いらっしゃると思いますが、 持っておくと何かと便利なのが、 A3くらいの白紙です。 これをレフ板代わりに使います。
SPONSORED LINK