スタジオ・写真館で印象良く撮影してもらおう(選定編)

これから就職活動をする
新卒学生の方々も
多いかと思います。

 

その際に履歴書
エントリーシート(esシート)で使うのが、
就活生の写真です。

 

証明写真として、
スピード写真機ではなく、
スタジオや写真館で
撮影される方も多いかと思います。

 

その際に写真館・スタジオを
選ぼうと情報を集める方
多いかと思いますが、
まず写真館・スタジオを選び方として、
自宅・学校から近くの写真館・スタジオ
選ぶことが大切です。

 

理由としては、
写真を焼き増しする際に、
遠くの写真館・スタジオだと
そこまで行くのに時間が掛かります

 

手間がかかってしまうので、
近くの場所を選びましょう。

 

またDVDCDなどでデータを
残してくれる店を選びましょう。
データがあれば写真をすぐに焼き増しできたり、
再撮影の手間がはぶけて便利です。

 

写真館やスタジオ撮影なら、
裁断のサービスをしてくれるところも
ありますので、そのような
オプションサービスがある場所を
選ぶのもありです。

 

それから写真が履歴書から
剥がれてしまった場合でも大丈夫なように
写真の裏名前を打ってくれる
サービスをしているところもあったり、
いろいろとオプションサービス
付けている会社もありますので、
いろいろと探してみましょう。

 

もちろん口コミなど、
紹介などがあって選ぶのも
良いことです。

 

インターネット雑誌などで
情報が出ているとはいえ、
実際に出ている言葉を信用するのも
良いことです。

 

自分に合った写真館・スタジオ
選んで撮影してもらいましょう。

 

では次項につきましては、
もう1つ写真館・スタジオで撮影する際のコツ
書いていこうと思います。

SPONSORED LINK

関連ページ

スタジオ・写真館で印象良く撮影してもらおう(表情編)
証明写真として、 スピード写真機ではなく、 スタジオや写真館で 撮影される方も多いかと思います。 その際に重要になってくるのが、 写真を撮る際の表情です。 良くやりがちな失敗として、 無表情の真顔で写真を 撮ってしまう例です。 証明写真だからと言って、 真顔である必要はありません。 無表情だと、どうしても暗い印象に なりがちなので気を付けるべきです。
スタジオ・写真館で印象良く撮影してもらおう(撮影編)
証明写真として、 スピード写真機ではなく、 スタジオや写真館で 撮影される方も多いかと思います。 写真館で撮影する場合、 女性の場合は、着ていく服装は、 白色のスカートを履いていかれる方も いらっしゃると思いますが、 持っておくと何かと便利なのが、 A3くらいの白紙です。 これをレフ板代わりに使います。
SPONSORED LINK