スピード写真撮影機での撮影(撮影前編)

スピード写真撮影機での撮影(撮影前編)

これから就職活動をする
新卒学生の方々も
多いかと思います。

 

その際に履歴書
エントリーシート(esシート)で使うのが、
就活生の写真です。

 

スピード写真撮影機で写真を撮る際は、
撮影前に、いくつか気を付けるべき部分があります。

 

まず撮影スペースに入ったら、
カーテンに気をつけましょう。

 

スピード写真撮影機
基本、暗い場所で撮るのが基本です。
そのためカーテンを閉めて
写真撮影を行いましょう。

 

また、その暗い環境
良くあることですが、
スピード写真撮影機
フラッシュ撮影です。

 

そのフラッシュの位置は、
スピード写真機によって異なりますが、
上中下の3つを使っているカメラもあれば、
上下の2つを使っているカメラもあります。

 

そのためによくやってしまいがちなのが、
下のフラッシュの位置
荷物を置いて、フラッシュの邪魔をしてしまったり、
足を置いてしまって、
フラッシュがしっかり当たらなかったり
そういった状態が出来る時もあります。

 

そのような状態になってしまうと、
顔にしっかりと光が当たらず
顔が暗い印象になってしまいます。

 

それを防ぐために、
荷物の置く位置を変更したり、
足に気を付けて、座りましょう。

 

また、椅子の上下の調整は、
しっかりとやりましょう。
これをしっかりやっておかないと、
変な座り方になってしまい、
不自然な姿勢になってしまいます。

 

写真を撮る前でも、
十二分に気を付けて、
写真を撮りましょう。

 

では次項につきましては、
写真館・スタジオで撮影する際
注意点を書いていこうと思います。

SPONSORED LINK

関連ページ

スピード写真撮影機での撮影(服装編)
スピード写真撮影機を つかって就活写真を撮られる方も いらっしゃるかとおもいますが、 スピード写真撮影機で上手く写真を撮る際は、 どんなことに気をつければよいのでしょうか? まずは服装に気を付けましょう。 スピード写真は、スーツなど黒系の服を着て 写真を撮ることを想定して設計されていますので、 濃い色・黒系の服を着て撮りましょう。
スピード写真撮影機での撮影(服装編)2
スピード写真撮影機を使う際の 服装の注意点は前半として、 前回に書かせて頂きました。 今回はその後半となります。 さて、服装に関してはスーツを着て 写真を撮る際には、 いくつかの注意点が必要になります。 例えばですが、
SPONSORED LINK