スピード写真撮影機での撮影(服装編)2

スピード写真撮影機での撮影(服装編)2

これから就職活動をする
新卒学生の方々も
多いかと思います。

 

その際に履歴書
エントリーシート(esシート)で使うのが、
就活生の写真です。

 

スピード写真撮影機を使う際の
服装の注意点は前半として、
前回に書かせて頂きました。
(スピード写真撮影機での撮影(服装編))

 

今回はその後半となります。
さて、服装に関してはスーツを着て
写真を撮る際には、
いくつかの注意点が必要になります。

 

例えばですが、
当然のことながら、
ネクタイを締めるので、
シャツの第1ボタンは留めている
必要があります。

 

それからネクタイが曲がっていないか
チェックです。

 

ネクタイが曲がっているかどうかは
鏡で確かめますが、
最低限のチェックです。

 

また座って写真を撮る際は、
スーツを着ていると型崩れ
起こしやすいので、
スーツの一番下のボタンは、
外してから撮影しましょう。

 

座った時にジャケットの形
崩れない様にするための方法の1つです。

 

女性の場合は、メイクを気にするかもしれませんが、
口元とチークのカラーは同系色で揃えて
ナチュナルメイクになるように気をつけましょう。

 

イヤリングのような装飾品は外して、
あとはメガネをかけている方なら、
一度、外してかけなおして
ズレを直しましょう

 

一通りの服装のことは
このような形になるかと思います。

 

では次項につきましては、
実際にスピード写真撮影機で撮影する際に、
スピード写真撮影機内に入ったあとの注意点
書いていこうと思います。

SPONSORED LINK

関連ページ

スピード写真撮影機での撮影(服装編)
スピード写真撮影機を つかって就活写真を撮られる方も いらっしゃるかとおもいますが、 スピード写真撮影機で上手く写真を撮る際は、 どんなことに気をつければよいのでしょうか? まずは服装に気を付けましょう。 スピード写真は、スーツなど黒系の服を着て 写真を撮ることを想定して設計されていますので、 濃い色・黒系の服を着て撮りましょう。
スピード写真撮影機での撮影(撮影前編)
スピード写真撮影機で写真を撮る際は、 撮影前に、いくつか気を付けるべき部分があります。 まず撮影スペースに入ったら、 カーテンに気をつけましょう。 スピード写真撮影機は 基本、暗い場所で撮るのが基本です。 そのためカーテンを閉めて 写真撮影を行いましょう。 また、その暗い環境で 良くあることですが、
SPONSORED LINK